生物や自然の中の音
その12.季節を映す雨音

五月雨は、パラパラ。六月の梅雨はシトシト。そして夕立は、一転空を曇らせ急にザーザーと勢いよく降る。恵の雨として喜雨と呼ばれ、夏の季語になっている。

降る雨は同じでも、大地は新緑の季節から深緑の季節に。季節ごとの彩りや心模様で、聞こえ方も違ってくる。季節を楽しむことが、「音」の世界を広げていく。 


(MP3 1,501KB)

 

back next

 

 

ページの先頭に戻る