TRIFORA 拡張機能:人数カウント

TRIFORA 拡張機能:
人数カウント

ピープルカウンター イメージ図
ネットワークカメラシステム TRIFORAシリーズ 拡張機能:人数カウントの特長
TRIFORAシリーズ 人数カウントの特長1

〈人数カウントの特長1〉カメラ内蔵
Deep Learning方式AI

計算量が大きいDeep Learning方式の場合、
専用サーバーが必要となるシステムが多い中、
TOAの「人数カウント」はカメラに
人工知能(AI)の学習済みモデルを実装しました。
別途専用サーバーを必要としません

TRIFORAシリーズ 人数カウントの特長2

〈人数カウントの特長2〉防犯と人数カウントを
カメラ一台で

真上から撮影して人数カウントを行うためだけの
カメラを別途用意する必要がありません
TOAの「人数カウント」は
Deep Learning により人の形を認識するため、
斜め上から撮影する防犯カメラの映像を使用できます。

TRIFORAシリーズ 人数カウントの特長3

〈人数カウントの特長3〉追加購入費用なしで
導入可能

防犯カメラ本体の他、
別途ライセンス費用は必要ありません。
TOAの「人数カウント」は
アクティベーション申請だけで
無料でご利用いただけます

二種類の
人数カウント
[TRIFORA 拡張機能:人数カウント]

01滞在人数カウント

ネットワークカメラシステム TRIFORAシリーズのセキュリティカメラを使い、
画角内に映った人の数をカウントします。
TOA独自の「アダプティブ・シーン・センシング」機能により、
AIをご使用の環境に合わせた最適な性能に調整できます。

  • こんなシーンで

    • レジの混雑レベルを測定。自動で店員の呼び出しが行えます。
    • 滞在人数カウント機能でレジの混雑具合を監視 イメージ図
  • 滞在人数カウント
    サンプル動画

    サンプル動画ではテーブルに着席している人の数をカウントしています。
    マスクを着けている人、後ろを向いている人もカウントできています。

  • 滞在人数カウント
    グラフ表示サンプル
    滞在人数カウントグラフ表示サンプル 図

    カウントした人数の時間変化は自動で線グラフ化されます。
    サンプル画面は、画角内に3つのカウントエリアを設定した場合(*)のものです。 (*)カウントエリアは最大で3つのエリアを設定できます。

02通過人数カウント

ネットワークカメラシステム TRIFORAシリーズのセキュリティカメラを使い、
画角内に設置した検知ラインを通過した人の数をカウントします。
検知ラインを通過した方向は区別されます。

  • こんなシーンで

    • ホールや広場への通路で出入りした人数をカウントすることで、施設の中にいる人数や時間ごとの利用状況を把握できます。
  • 通過人数カウント機能でホールや広場の出入り口の通過人数を監視カメラでカウント イメージ図
  • 通過人数カウント
    サンプル動画

    サンプル動画ではカフェテリアに入っていく人(IN)、出てくる人(OUT)をカウントしています。
    画面内に設定した検知ラインを通過した際に、出入り方向に合わせて人数をカウントします。

  • 通過人数カウント
    グラフ表示サンプル
    通過人数カウントグラフ表示サンプル図

    カウントした人数は自動で棒グラフ化されます。
    サンプル画面は一日ごとの集計結果を表示した場合のものです。

カウント結果の
活用例
[TRIFORA 拡張機能:人数カウント]

データ取り出し

カメラで取得したセンシングデータは、PCのWebブラウザやTRIFORAレコーダーから汎用性の高いCSV形式でダウンロード/取り出しすることができます。
他ソフトウェアでの解析にご利用ください。

  • 滞在人数カウント CSVデータファイル イメージ図
    滞在人数カウント
  • 通過人数カウント CSVデータファイル イメージ図
    通過人数カウント

通知

人数カウント結果を利用した様々な通知方法をご用意。
専用のソフトウェアを新たに作成することなく、必要なソリューションをご提供できます。

  • 画像添付メール通知

    画像添付メール通知 イメージ図

    登録したメールアドレスに、指定範囲の人数をカウントした際、または人が検知ラインを通過した際のJPEG画像を添付したメールを送信できます。
    ※メール送信用のメールアドレス、インターネット環境が必要です。

  • HTTP通知

    HTTP通知 イメージ図

    指定範囲の人数をカウントした際、または人が検知ラインを通過した際、HTTPコマンドを発行することができます。
    例)ネットワーク表示灯の指定の色を点灯

  • 接点出力(レコーダー/カメラ)

    接点出力(レコーダー/カメラ)イメージ図

    指定範囲の人数をカウントした際、または人が検知ラインを通過した際、レコーダーやカメラの接点出力端子から制御信号を出力することができます。音源再生装置にあらかじめ登録しておいたアナウンス放送を行うことができます。

  • 本機能をご使用される場合は、上記バナーよりアクティベーション申請を行ってください。
  • アクティベーションにはご使用の機器の品番及びMACアドレス(12桁の英数字)が必要になります。
    あらかじめ下記いずれかの方法でご確認ください。

    対応機器品番: N-C5120-3、N-C5150、N-C5150-3、N-C5220-3、N-C5250R3、N-C5420-3、N-C5442R3、N-C5450R3、N-C5820-3、N-C5850R3

  • 機器本体のラベルで確認する

    MACアドレスは「MAC」から始まるラベルに記載されています。

    機器本体のラベルでMACアドレスを確認する イメージ図
  • カメラにWebブラウザでアクセスして確認する

    [メンテナンス(メニュー)]⇒[ファームウェア(タブ)]にてご確認いただけます。

    WebブラウザーからMACアドレスを確認する イメージ図
●ご検討にあたって
本機能を精度良く運用いただくためには、カメラの設置や設定を適切に行うことが重要です。
画像認識技術を使用しているため、設置環境や被写体によっては、本来の精度が出ない場合があります。
本機能活用のご検討にあたっては、必ず取扱説明書(滞在人数カウント通過人数カウント)をご一読ください。
■免責事項
本機能は、生命・身体・財産の安全にかかわるような状況下で使用することを想定したものではございません。
したがって、本機能の取扱説明書などに個別に記載されている場合を除き、上記のような状況下で使用したことにより利用者または第三者に何らかの損害が生じた場合、当社はいかなる責任も負いかねます。

商品の内容や組み合わせ、
お取扱い方法などについてのお問い合わせにお応えします。

ページトップへ