TOA株式会社 Smiles for the Public
  • twitter
  • Facebook
世田谷パブリックシアター
商品データ
ダウンロード
商品の写真、仕様図、姿図、取扱説明書、ソフトウェアのダウンロードが出来ます。
電子カタログ
全商品電子カタログ
セキュリティシステム総合カタログ
商品別カタログなどを
ダウンロードできます
カタログデータダウンロード

ソリューション・納入事例

ソリューション・納入事例 印刷用ページ

特集 世田谷パブリックシアター

世界的に評価の高い世田谷パブリックシアターのスピーカーシステムの改修で「typeC」が採用。

1997年の開館以来、コンスタントに年間80公演が行なわれる世田谷パブリックシアター。現代演劇や舞踊の舞台として約600席(基本形状)の劇場で、形状は可変設備によって2つのパターンに変化します。舞台芸術の多様なプランに対応する高水準の機能と設備を備えています。
老朽化にともなうスピーカーシステムの全面入れ替えで、既設のスピーカールームに納まり、なおかつ全客席をカバーするスピーカーシステムとして、TOAではラインアレースピーカー「typeC」をご提案。ストレートプレイ※の多い当劇場の自然な音場の構築に貢献しています。

 

採用決定ストーリーを読む

納入時期
2009年10月
納入先
世田谷パブリックシアター 様
採用背景
1997年に開館した世田谷パブリックシアターのスピーカーシステムの改修で、ホール全体をカバーする、既設のスピーカールームに入るスピーカーシステムが求められた。
課題
  1. 1.世田谷パブリックシアターの老朽化にともない、プロセニアム・センター、プロセニアム・サイドのスピーカーを総入れ替え。
  2. 2.改修のため、既設スピーカーが入っていたスピーカールームに納まるサイズのスピーカーが大前提。
  3. 3.2つの劇場形状をセンターと左右両サイドのスピーカー(L・C・R)でカバーできるスピーカーシステム。
  4. 4.ストレートプレイ※の芝居演目が多い。演劇の場合、生声は距離減衰を起こすため、セリフのバックに流れるBGMや効果音はすべての客席位置でバランスを崩さないことが必要。
  5. 5.海外からの招聘作品の公演の際は使用機器の指定をしてくる場合があるため、海外著名ブランド以上のパフォーマンスが求められる。

※BGMや効果音は音響機器で拡声するが、セリフに関してはスピーカーを介さず、生声を届けること

  1. ・改修によるサイズやカバーエリアの課題に、ラインアレイスピーカー「typeA」のコンパクトモデル化の開発に着手。
  2. ・「typeA」に搭載されている“シンクドライブ”という同位相波面制御スロート技術を踏襲し、シミュレーションを繰り返し、高精度な波面制御を実現。数本のスピーカーが1本のスピーカーのように機能するラインアレイの基本性能を忠実に実現化する「typeC」を開発。
  3. ・プロセニアム・センターには「typeC」を横に5台アレイ配置することで、水平方向75°、垂直方向80°をカバー。(特注ホーン採用)
  4. ・プロセニアム・サイドには、「typeC」を縦方向に5本アレイ配置、サブウーハーもサイズを調整することで既設のスピーカールームに設置可能とした。水平110°、垂直方向45°のエリアをカバー。

導入システム・機器

ラインアレイスピーカー「typeC」
ラインアレイスピーカー「typeC」は、上位機種「typeA」の技術を踏襲し、高音域用ホーン部に、TOAが独自に開発した「等位相波面制御スロート技術」(国際特許取得)を採用。上下に連結したスピーカー同士の干渉を抑制し、連続した1個のスピーカーのように、明瞭性の高い均一な音場を実現できます。システムで中高音域を担当するSR-C8シリーズは2wayスピーカーシステムで、高音域用に1インチドライバー×2台、中音域用に20cmウーハー×1台を搭載し、磁気回路には軽量化のためにネオジウムを採用。連続プログラム入力360Wの高出力を実現しています。
プロセニアム・センターには、SR-C8Sが5台とサブウーハーSR-L1Bが2台、プロセニアム・サイドに関しては、SR-C8Lを3台挟んで上下にSR-C8Sを2台、サブウーハーSR-L1Bが2台、左右それぞれに設置され、ホール全体をプロセニアムのL・C・Rの3基のスピーカーがほぼ全席をカバーするという理想的なホール音響ができました。

スピーカーの配置

スピーカーセッティング図

Point

お客様が語る「採用のポイント」
  • 既設のスピーカールームへの設置が可能
  • 劇場全席をL・C・R(サイド左・センター・サイド右)3基のスピーカーでカバー
  • オープン以来、設計・施工、その後の保守点検を通じて得られた経験、信頼
お問い合わせはこちら
ページの先頭に戻る