TOA株式会社 Smiles for the Public
  • twitter
  • Facebook
中国2010年 上海国際博覧会 パビリオン放送設備
商品データ
ダウンロード
商品の写真、仕様図、姿図、取扱説明書、ソフトウェアのダウンロードが出来ます。
電子カタログ
全商品電子カタログ
セキュリティシステム総合カタログ
商品別カタログなどを
ダウンロードできます
カタログデータダウンロード

ソリューション・納入事例

ソリューション・納入事例 印刷用ページ

特集 中国2010年 上海国際博覧会 パビリオン放送設備

世界が注目する上海万博で、安心・快適な音環境を実現するTOAの放送システム。

万博史上最多となる246の参加国・地域、国際機関、7,000万人の来場者を見込む、上海国際博覧会(以下、上海万博)。訪れた全ての来場者が、会場内を常に快適で安全な状態で見学できるためには、的確な案内放送や万が一の際の確実な避難誘導放送が欠かせません。TOAは、上海万博のメインパビリオンとなる中国館をはじめ、テーマ館や万博センター、日本館など、さまざまな施設に合わせた放送システムを構築し、スムーズな会場運営をサポートしています。

 

採用決定ストーリーを読む

納入時期
2009年~2010年
納入先
上海万博実行委員会 様
採用背景
中国国家の威信をかけた世界規模のイベント「上海万博」の大規模屋内空間で、円滑な運営を約束する放送設備、システムの実績とノウハウ、品質が求められた。
課題
  1. 1.パビリオン内部は天井も高く、大空間。どの場所にいる人にも確実に放送内容を聞かせたい。
  2. 2.建物のデザイン構造上、スピーカーの設置場所が限定された中での音響設計。
  3. 3.国家の威信をかけたプロジェクトの運営において、失敗の許されない万全のバックアップ体制。
  1. ・大空間の音響特性を測定し、明瞭性確保の妨げとなる共鳴を検出、抑制する音場補正システムを提案。
  2. ・IPネットワーク対応で分散配置が可能な多元業務用放送設備を活用。
  3. ・故障検知システム、CPU診断機能などを搭載した非常用放送システムを導入。
  4. ・来場者の増減など周囲の騒音変化を検知し、アナウンスやBGMの最適音量を自動で調整。
  5. ・ねらったエリアに的確に音を届けることが出来るスピーカーシステムを設置。
  6. ・特約店、工事会社との信頼関係で、建設設計段階から音響設計に参加。

導入システム・機器

多元型放送設備のスマートマトリクスシステム「SX-2000シリーズ」は、通常時には館内BGM放送や案内放送を必要なエリアに行い、火災などの緊急事態が発生した場合は、全てのエリアで避難誘導放送を優先して放送することが出来ます。特に中国館では、「CobraNet※」規格のIPネットワークを活用した分散化システムにより、放送状態の確認や放送エリア選択などの操作がリモートマイクで簡単に行えるようになっています。万が一、放送システム上の機器に異常が発生した場合にも、故障検知システムによって異常状態をリモートマイク上で確認できます。
また、屋内大規模空間となるテーマ館では音場補正システムとして、デジタルオーディオプロセッサー「DP-K1」を導入。予め空間の音響特性を測定し、明瞭性確保の妨げとなる共鳴を検出、抑制しています。さらに、来場者数の増減に応じて生じる騒音の大きさによって、放送の音量を自動的にコントロールできるデジタルアンビエントノイズコントローラー「DP-L2」も放送システムに組み込んでいます。
スピーカーにおいては、それぞれの施設の空間特性や使用用途を考慮し、さまざまなスピーカーを導入することで、上海万博の来場者に対して確実に放送を行っています。中でも、音の指向制御が可能で、遠方までのクリアな音声伝達に優れたコンパクトアレイスピーカー「HX-5シリーズ」が活躍しています。

中国館のシステム図

クリックするとシステム概要図が拡大します。

テーマ館のシステム図

クリックするとシステム概要図が拡大します。

Point

お客様が語る「採用のポイント」
  • 大規模な空間・施設に最適な放送システムを設計
  • 特約店や建築会社との信頼関係
  • 空港やオリンピックなどの大型施設での実績

※ CobraNetはCirrus Logic社の商標です

お問い合わせはこちら
ページの先頭に戻る