TOA History

  • 1934年から
  • 1950年から
  • 1960年から
  • 1970年から
  • 1980年から
  • 1990年から
  • 2000年から
  • 2010年から

画像をクリックすると拡大します

商品史

事業史

社会史

1979年(昭和54年)

SC-300A

日野精機株式会社へ資本参加

ヒストリートピックス

カラオケブーム到来

ヒット商品となったMA-007

アメリカ・ペンシルバニア州スリーマイルズ島原子力発電所で放射能もれ事故

1978年(昭和53年)

FS-761

議場用システム

ワイヤレスミュージックアンプ(カラオケ) MA-007 発売

アイレックス株式会社設立

宝塚事業場にサウンドルーム完成

ヒストリートピックス

人々のこころを支える音

インドネシアのイスティクラル・モスク

成田新国際空港開港

1977年(昭和52年)

D-2502

WA-330

英国支店開設

大阪証券取引所市場第2部へ新規上場

ヒストリートピックス

上場をめざして

大証二部上場日経広告

北海道洞爺湖畔の有珠山噴火

1976年(昭和51年)

EXES-3000

CA-201

アンゴラに大型PA輸出。アフリカ最大のフットボール競技場に納入

インターカムシステム EXES-3000 開発

モントリオールオリンピック大会開催

ロッキード事件

1975年(昭和50年)

FS-751

RS-1

プロフェッショナルサウンドシステム「レプリカ」開発

インドネシアのジャカルタに合弁企業 PT. TOA GALVA INDUSTRIES 設立

ヒストリートピックス

海外生産開始

PT. TOA GALVA INDUSTRIES 設立

ヒストリートピックス

自動案内放送システムの先駆け

南海電鉄難波駅自動案内放送システム

山陽新幹線岡山−博多間開業

沖縄国際海洋博覧会開催

1974年(昭和49年)

ZM-104

アメリカのサンフランシスコにTOA ELECTRONICS, INC. を設立

Zシリーズアンプ好評

日本電子機械工業会設立、電子機械工業会解散

1973年(昭和48年)

TA-120RZ

タキツー株式会社設立

ミニコンピューター接続の自動放送システム化に成功

交通広報に活躍するパトカー用PAシステムを警視庁へ大量納入

西ドイツ(現・ドイツ)のハンブルグに初の海外法人 TOA ELECTRIC DEUTSCHLAND G.m.b.H(現・TOA Electronics Europe G.m.b.H.)を設立

インドネシア駐在所を開設

OAPEC、石油戦略を発動(第1次石油ショック)

1972年(昭和47年)

BS-967

WA-220W

パスコ株式会社設立

医用電子機器(ME)部門を、東亞医用電子(現シスメックス)株式会社に営業譲渡

業界初の球形スピーカーを開発

デスクアンプ開発

京成成田駅、南海和歌山市駅に自動放送システム納入

北米市場へ900シリーズ発売。好評を得る

ヒストリートピックス

「Something Different」

Somthing Different

冬期オリンピック札幌大会開催

山陽新幹線新大阪−岡山間開業

沖縄日本復帰

ミュンヘンオリンピック大会開催

1971年(昭和46年)

WM-146、WM-B-1、WMC-1

米、ドル防衛の新経済対策発表(ニクソンショック)

円変動相場制移行を決定

1970年(昭和45年)

FS-391

SC-35P

東亞通信工業(現TOAエンジニアリング)株式会社設立

武雄トーア(現タケックス)株式会社設立

非常放送設備委員会から非常用放送設備の認定

ワイヤレスアンプ「チカチカシリ一ズ」発売

大阪千里山で開催された日本万国博覧会に施設参加

ヒストリートピックス

音で「おもてなし」

大阪万博エキスポタワーのPAシステム

大阪万博 ラジオカー

日本万国博覧会開幕

ページトップへ