TOA History

  • 1934年から
  • 1950年から
  • 1960年から
  • 1970年から
  • 1980年から
  • 1990年から
  • 2000年から
  • 2010年から

画像をクリックすると拡大します

商品史

事業史

社会史

1949年(昭和24年)

1949年(昭和24年)4月20日、東亞特殊電機株式会社を設立(資本金50万円、社員12名)

神戸市兵庫区下沢通に本社工場を新設

旧神戸本社社屋

日本工業規格(JIS)制定

1948年(昭和23年)

無線通信機械工業会(現日本電子機械工業会)設立

ロンドンオリンピック開催

アメリカ人ショックレー、トランジスターを発明

1947年(昭和22年)

TS-202、TS-202H

CM-140

徳島から神戸へ引き揚げ、神戸市須磨区で業務再開

日本で初めて、パーマネント・レフレックス・トランペットスピーカー開発

ヒストリートピックス

トランペットのトーア

レフレックス型のトランペットホーンスピーカー

日本国憲法施行

1946年(昭和21年)

第1回国体夏季大会、秋季・冬季も含めて京阪神地区で開催

1945年(昭和20年)

3/16~17の神戸大空襲により社屋全焼

広島、長崎に原子爆弾投下

日本無条件降伏、太平洋戦争終結

1944年(昭和19年)

昭和19年頃の東亞製品カタログ表紙

北海道で大噴火、新山発生(昭和新山)

マリアナ基地のB29、東京を初空襲

1943年(昭和18年)

東亞80型

東亞100型

左からベロシティーマイクと東亞60型のロッカー型アンプと励磁型トランペットスピーカー

1942年(昭和17年)

マイクロホン、アンプ、スピーカーを一貫して自家生産

1941年(昭和16年)

日本軍、真珠湾攻撃・マレー半島上陸・米英両国に宣戦布告(太平洋戦争)

1940年(昭和15年)

東亞60型

東亞120型

日独伊3国同盟調印

1939年(昭和14年)

東亞携帯型

神戸市兵庫区下沢通へ移転。

東亞35型ライツマイクロホン、東亞2010型トランペットを安定量産

ヒストリートピックス

「拡声装置」専業メーカーへ

アイデア商品の東亞携帯型アンプ

ドイツ軍ポーランド進撃開始(第2次世界大戦)

NHK技研、テレビ実験放送成功

1938年(昭和13年)

阪神地方に豪雨、死者933人

1937年(昭和12年)

蘆溝橋事件発生(日中戦争) 

NHK(JOAK)150kW放送開始

1936年(昭和11年)

二・二六事件起こる

ベルリンオリンピック開催

1934年(昭和9年)

中谷常太郎が東亞特殊電機製作所として神戸市兵庫区小川通にて創業

トランペットスピーカー、マイクロホン、アンプの製造、販売を開始

創業者:中谷常太郎

ヒストリートピックス

TOA Historyのはじまり

創業当時の神戸市上沢通近辺(新開地の神戸タワーからの眺望)

室戸台風、関西地方大被害

東京−マニラ間無線電話連絡開始

ページトップへ