デジタルワイヤレスマイクミキサー WM-D1510

新商品ニュース

2021年 9月 1日新商品情報

  • twitter
  • facebook

校内行事の仮設音響設備を省線化・簡略化
「デジタルワイヤレスマイクミキサー」など2機種を新発売

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、2021年8月31日に、最大15チャンネルを同時使用でき、かつ高音質化を実現した「800MHz帯デジタルワイヤレスシステム」を拡充し、デジタルワイヤレスマイクミキサーWM-D1510を発売しました。この商品では、有線マイクや、音楽プレーヤーなどの音声をミキシングして送信できます。また、デジタルワイヤレスチューナーユニットWTU-D2810も同日に発売。ワイヤレスアンプや移動用 PA アンプなどに組み込むことで、同時使用チャンネル数の増強が可能です。

使用イメージ

学校では、多くが校庭にワイヤレスアンテナを設置しており、朝礼等の際はワイヤレスマイクを用意するだけで、校内放送設備を用いて校庭に放送を行うことができます。しかし、運動会などの音楽を流すイベントでは、会場近くで演奏機器の再生・停止といった操作が必要となります。この場合、放送室までの配線作業に手間がかかります。

デジタルワイヤレスマイクミキサーは、携帯音楽プレーヤー等から入力した音楽と、マイクによるアナウンスを音量調整し、ミキシングして送信することが可能です。これにより、校庭に設置されたワイヤレスアンテナを介して、校内放送設備を使って音楽を校庭に放送できます。運動会などにおける仮設音響設備向けの定番商品です。

使用イメージ

今回発売しました商品は、2021年2月に発売した、最大15本のマイクを同時使用可能な新シリーズ「800MHz帯デジタルワイヤレスシステム」の対応品です。また、デジタルワイヤレスチューナーユニットWTU-D2810も同日発売。こちらも、ワイヤレスアンプや移動用 PA アンプなどに組み込むことで、同シリーズに対応可能となります。

リリース用画像データダウンロード

発売商品

商品名 品番 希望小売価格 備考 商品資料
デジタルワイヤレスマイクミキサー WM-D1510 110,000円 音声入力:4系統
折りたたみ収納式マイク付き(入力1端子未入力時に使用可能)
録音出力:1系統(不平衡、ステレオミニジャック)
電源:2電源方式
・AC100V…ACアダプター(付属)使用
・電池…単3形アルカリ乾電池(LR6)2本使用
※電池持続時間:約8時間(常温・連続使用時)
商品
カタログ
仕様図商品画像
デジタルワイヤレスチューナーユニット WTU-D2810 80,000円 増設用(ワイヤレスアンプ、移動用PAアンプなどに適合) 仕様図商品画像 

「800MHz帯デジタルワイヤレスシステム」について

TOAは、2021年2月に800MHz帯デジタルワイヤレスシステムを発売開始。同一空間で使用できるチャンネル数が、従来の最大10chから15chへと拡大したことで、15本のマイクを同時に使用することが可能です。さらに、新方式の信号処理技術を採用したことで多チャンネル使用時でも、高音質を実現しています。
現在のラインアップは、マイク3機種、チューナーおよびチューナユニット3機種に、今回発売した2機種を加えたことで、全8機種となりました。幅広い使用用途・シーンに対応可能です。

使用イメージ

「800MHz帯デジタルワイヤレスシステム」の特徴

・多チャンネル対応

同一空間での同時使用チャンネル数が、従来の最大10chから15chへと拡大しました。15本のマイクを同時に使用することができることに加え、近接エリアで多数マイクを利用するような環境下でも、チャンネルプランの策定や管理も容易です。より多彩な空間でご利用いただけます。

・高音質

多チャンネル使用時において電波の利用効率を向上させる音声圧縮技術に、日本電信電話株式会社(NTT)が開発した新方式の信号処理技術「BRAVE®」を採用しています。これにより、15ch同時使用時でも、リアルタイムな処理で高圧縮・高音質を実現します。

・省電力

マイクは、従来品同様、単3形アルカリ乾電池または専用充電電池(WB-2000)1本で約8時間の連続動作が可能です。こまめな電池の交換・充電を必要とせず、長時間安心してご利用いただけます。

ページトップへ