業務放送ラックシステム VX-3000シリーズ

新商品ニュース

2020年10月 8日新商品情報

  • twitter
  • facebook

災害時におけるBCP対策に有効なシステムを構築可能
「業務放送ラックシステムVX-3000シリーズ」ラインアップ拡充で操作性・施工性が向上

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、倉庫、物流センター、工場、複合商業施設などにおける大規模な業務放送システムに最適な「業務放送ラックシステムVX-3000シリーズ」のラインアップを拡充。2020年10月9日に、コントロールパネルやプリアンプマトリクスパネルなど、全4機種を発売いたします。

2018年3月に発売した「業務放送ラックシステムVX-3000シリーズ」は、LAN接続による分散配置が可能で、施設の規模に合わせた柔軟な放送システムが構築できます。通常の業務放送に便利な機能はもちろん、事故や災害など緊急時の放送機能も豊富で、災害時におけるBCP(事業継続)対策にも有効なシステムを構築することができます。

今回発売した商品を用いることで、使用頻度の高い業務放送を前面パネルのワンタッチ操作で行えるほか、音源・エリアごとの音量調節も容易になります。これにより操作性が格段に向上し、システムをより快適に運用していただけます。また、ユニキャストストリームを使用することで、公共道路を挟んだ敷地や、ルーター経由が必要な広大な敷地など、LAN配線が不可能な環境にも対応できるようになり、これまで以上に拡張性の高いシステムを構築することが可能になりました。

VX-3000CT

リリース用画像データダウンロード

発売機種 一覧

商品名 品番 価格 備考 商品資料
コントロールパネル VX-3000CT オープン 機能キー×9、音量調節器×8
1システム最大で80台まで接続可能
仕様図商品画像 
プリアンプマトリクスパネル VX-3000PM オープン 音声入力×8、制御入力×20、制御出力×10
1システム最大で40台まで接続可能
仕様図商品画像 
ラインアウトプットモジュール VX-300LO オープン VX-3000フレームに組み込んで使用(VX-3004F:最大4台まで、VX-3008F:最大2台まで、VX-3016F:最大2台まで) 仕様図商品画像 
接続端子盤パネル VX-3000JB オープン SP入力×8系統、ATT/CONTROL入力×8系統
SP出力(3線式)×8系統、RJ45出力×2系統
仕様図商品画像 

主な市場

倉庫、物流センター、工場、複合商業施設など、大規模な施設に最適です。分散配置によるBCP対策にも適応します。

「業務放送ラックシステムVX-3000シリーズ」とは?

「業務放送ラックシステムVX-3000シリーズ」は、多彩な機能による音響調整や制御、マスターレス・分散配置によるリスク軽減、高い拡張性が特徴で、倉庫、物流センターなどの各種施設をはじめ、大型の工場、複合商業施設、多棟・複合ビルといった広域施設の業務放送システムに最適なシステムです。
通常の放送に便利な機能はもちろん、事故や災害など緊急時の放送機能も豊富で、安心・快適な施設稼働、運営に貢献します。さらに、従来であれば複数のユニットを組み合わせることで可能になるさまざまな機能を、フレーム一体に集約させたことで、大幅な省スペース化を実現しました。

2018年 3月29日のニュースリリース
https://www.toa.co.jp/products/news/2018/news2018-03-29vx.htm

VX-3000シリーズ
VX-3000フレーム16SS VX-3016F

新商品の主な特徴

1)コントロールパネル VX-3000CT

前面には、9つの機能キーと8つの音量調節器を搭載。割り当てた業務放送の起動をワンタッチで行えるほか、音量調整が容易になり、操作性が格段に向上します。1システムあたり、最大で80台まで接続可能です。

2)プリアンプマトリクスパネル VX-3000PM

システムにおける音声入力、制御入出力の追加が可能です。また、本機同士によるユニキャスト音声伝送が可能で、インターネットを経由して遠隔地への放送が可能になります。道路を挟んだ敷地や、LAN配線が行えないエリア(最大7エリア)も同一システムに組み込むことができます。1システムあたり、最大で40台まで接続可能です。

3)ラインアウトプットモジュール VX-300LO

モジュールとしてVX-3000フレーム(VX-3004F、VX-3008F、VX-3016F)に組み込むことで、外部機器へラインレベルでの音声出力が可能になります。火災発生時の避難誘導に用いられる非常用放送設備との統合システムを構築する際にも利用できます。

4)接続端子盤パネル VX-3000JB

スピーカー配線を前面で接続することができます。作業スペースが限られた環境において施工性が格段に向上し、機器設置時やメンテナンス業務の効率化が図れます。

  • ※ユニキャストストリーム:ネットワーク内にある特定の端末を指定して、データを送信する通信方法。

ページトップへ