新商品ニュース

2020年 1月27日新商品情報

  • twitter
  • facebook

DC12V電源に対応したネットワークカメラを発売
ネットワークカメラシステム「TRIFORA」シリーズのラインアップを拡充

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、ネットワークカメラシステム「TRIFORA」シリーズにおいて、DC12V電源に対応した監視カメラ(N-C5442R3)を、2020年1月27日に発売します。

TRIFORAシリーズは、フルHD(1920×1080pixel)画質の高精細映像を、最大30fpsのフル動画でライブ表示できるネットワークカメラシステムです。LANなどのネットワークに接続し、映像の監視・制御を行います。カメラ本体、撮影映像を記録・再生するレコーダー、リモートビューアーユニットといった関連製品や、AI(ディープラーニング)による画像認識など、さまざまなラインアップを用意しています。

今回発売する監視カメラ(N-C5442R3)は、DC12V電源に対応した屋外用のネットワークカメラです。
近年頻発している豪雨や台風などの自然災害において、発生時の停電リスクが懸念されており、特に防災監視用機器の電源確保が課題となっています。本商品は、その停電対策として電源効率がよいDC電源に対応。太陽光や風力を利用した自然エネルギー電力からの電源供給が可能なため、災害時に急な停電が発生しても、監視を継続できます。

N-C5442R3

リリース用画像データダウンロード

発売機種

商品名 品番 価格 備考 商品資料
屋外赤外フルHDネットワークカメラ N-C5442R3 オープン DC12V電源に対応
親水コーティング、赤外LED照明付き、SDカード録画
3.5倍オートフォーカス対応電動バリフォーカルレンズ搭載
仕様図商品画像 

主な市場

河川、用水路、ため池等の監視など

商品の主な特徴

1)災害による停電時にも柔軟な運用が可能
電源効率がよいDC電源に対応しました。太陽光や風力を利用した自然エネルギー電力で駆動できるため、計画停電や電力使用制限の影響を受けない運用が可能です。

2)さまざまな環境に対応する高機能モデル
SDカードスロットを搭載しており、レコーダーとの通信が絶たれた状態でもSDカード録画ができます。設置時には、離れた場所に設置したレコーダーやパソコンから、ネットワーク経由で映像を確認しながらズーム・フォーカスなどのレンズ調整が可能。また、赤外LED照明を搭載しており、照度0lxの暗闇でも最長50m先の監視ができます。さらに、IP66対応の防水筐体であるとともに、親水コーティングにより雨天時でも見やすい映像を撮影できます。

  • 注:使用できるSDカードは当社推奨品(ハギワラソリューションズ社製SDXCカード2機種)のみです。

ページトップへ