ネットワークオーディオアダプター NX-300

新商品ニュース

2016年 9月28日新商品情報

  • twitter
  • facebook

高品位な音声をリアルタイムに伝送する、ネットワークオーディオアダプター「NX-300」を新発売

新商品のイメージ画像

TOA株式会社(本社:神戸市、会長兼社長:井谷憲次)は、IPネットワークを利用して、高品位な音声信号をリアルタイムに伝送する、ネットワークオーディオアダプター「NX-300」を発売いたします。発売日は、2016年9月30日です。

カタログ:PDF 仕様図:PDF Photo:JPG

ネットワークオーディオアダプターは、アナログ音声信号を高品位なデジタル信号に変換し、LANやインターネットなどIPネットワークを利用して遠隔地へと伝送します。TOA独自のパケット通信技術により、遅延の少ないリアルタイム伝送が可能で、離れた場所にある放送システム同士を繋げることができます。

新商品の「NX-300」は従来機種「NX-100」シリーズの上位機種にあたり、新たに内蔵するメモリーへ音源データの実装を可能とし、音声の入出力を1系統から2系統への対応と増加。音質面でも48kHzサンプリングでCD以上の高音質化を実現しました(従来機種は32kHzサンプリング)。本店から支店への放送や鉄道の各駅への放送など、遠隔地にある多地点への放送システムを、既存のネットワークに接続するだけで構築することができます。

【発売機種】

品名 品番 希望小売価格 (税抜)
ネットワークオーディオアダプター NX-300 オープン

【市場】
商業施設、オフィスビル、鉄道、工場などにおける多拠点ネットワーク放送システムなど。

【商品の特徴】
■高品位な音声伝送
原音を忠実に再現する音声圧縮方式の採用により、高品位な音声の伝送が可能です。48kHzサンプリングでCD以上の高音質化を実現しました。また本体のメモリーには、最大8ファイルまで(1ファイル2分以内)WAV音源データを実装でき、定型のアナウンスや時報チャイムなどの放送に便利です。

■優先放送機能や接点制御機能を装備
BGMの放送中にアナウンスを割り込ませるなど、あらかじめ放送に優先順位を設定できます。また接点制御機能により、ネットワーク経由で遠隔から操作することもできます。

■省コスト、省スペース、省エネルギー
既設のネットワークを活用することで、省コストなシステムを実現できます。従来機種「NX-100」と比較して音声の入出力が2系統に増え、設置するスペースが半減。多数の離れた場所への放送が必要となる大規模なネットワーク放送システム構築の際には、システム全体の消費電力を抑えることで節電に貢献します。

ページトップへ