新商品ニュース

2014年 3月27日新商品情報

  • twitter
  • facebook

電源用配線不要のワンケーブル方式、フルHD画質 防犯カメラ「HD-CVシリーズ」を拡充、2機種を新発売

新商品のイメージ画像

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:井谷憲次)は、フルHD画質の高精細防犯カメラシステム「HD-CVシリーズ」を拡充し、2機種を追加発売いたします。発売日は2014年3月28日です。


HD-CVシリーズ(2013年5月発売)は、HD-SDI規格注1を採用し、フルHD(1920×1080pixel)画質の高精細映像を同軸ケーブルを使用して伝送する防犯カメラシステムです。従来のアナログシステムの約6倍(当社比)の画素数の映像を、遅延がほとんどない、滑らかなフルHD画質の動画として撮影します。

発売するのは、赤外線LED搭載により暗闇でも監視が可能な屋外用モデル1機種と、用途に応じてレンズを選択できるCSマウント規格対応カメラ1機種の、計2機種です。両機種とも、電源を同軸ケーブルに重畳するワンケーブル方式を採用し、別途電源用の配線は不要で施工性に優れています。撮影機能として、逆光でも画面の中の明るい部分と暗い部分を同時に見やすい映像で撮影する「ワイドダイナミック機能」、夜間など明かりが少ない環境下でもしっかりと被写体を撮影できる「デイナイト機能」、民家の窓など撮影してはいけない範囲を塗りつぶして映らなくする「プライバシーマスク機能」などを搭載。防犯カメラとしての基本性能も充実しています。

なお、今回の拡充により、シリーズ全体でのカメラ機種数は計8機種となりました。

品名 品番 価格 備考
屋外赤外HD-SDIカメラ H-C1410R3 オープン 屋外用、IP66対応筐体、電源方式:ワンケーブル方式
赤外LED搭載
HD-SDIカメラ CSマウント H-C1110 オープン 屋内用、箱型、電源方式:ワンケーブル方式
レンズ交換可能

*実売予想価格:H-C1410R3が20万円前後、H-C1110が10万円前後(取付工事費等含まず)
*年間、計1,100セットの販売を予定。


【市場】
集合住宅、商業施設、オフィスビル、病院、工場、公園、屋外施設などに最適。

【商品別特徴】
1)屋外赤外HD-SDIカメラ  H-C1410R3

IP66対応注2の防水筐体を採用し、雨のかかる屋外にそのまま設置可能。3倍手動ズームレンズ(バリフォーカルレンズ)と赤外線LEDを搭載し、照度0lxの暗闇でも映像が撮影可能です。赤外線LEDの照射距離は約20mを実現。被写体の明るさに応じて赤外線光量を自動的に調節する機能を備えており、近距離の被写体を撮影する際にも白飛びの少ない鮮明な映像が撮影可能です。昼夜を問わず、鮮明な監視に貢献します。

2)HD-SDIカメラ CSマウント注3 H-C1110
設置場所に応じた画角のレンズを選択できる、レンズ別売モデル。当社の別売レンズとして、焦点距離2.8mm(超広角)~8mm(標準)対応機種と、焦点距離8mm(標準)~50mm(望遠)対応機種の2機種注4をラインアップしています。


  • 注1:HD-SDI:High Definition-Serial Digital Interface 放送用ハイビジョンデジタル信号を伝送する信号規格。
  • 注2:IP66 IEC(国際電気標準会議)による国際規格「IEC60529電気機械器具の外郭による保護等級」により規定。「IP66」は、いかなる方向からの水の直接噴流を受けても機器に有害な影響を及ぼさず、粉塵が内部に侵入しない構造。
  • 注3:一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)による防犯カメラのレンズに関する規格。広く普及している形式。
  • 注4:2機種とも、オープン価格

ページトップへ