「大阪・関西万博」への寄付を実施

ニュースリリース

2022年 8月 1日会社

  • twitter
  • facebook

「大阪・関西万博」への寄付を実施

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、2025年に大阪で開催される予定の2025年日本国際博覧会(略称:大阪・関西万博)に対し、寄付を行うことを決定しました。

大阪・関西万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとし、一人ひとりが自らの望む生き方を考え、それぞれの可能性を最大限に発揮できるようにすること、また、こうした生き方を支える持続可能な社会を、国際社会が共創していくことを目指しています。

TOAは、企業価値を「Smiles for the Public ―人々が笑顔になれる社会をつくる―」と定め、音響と映像技術、さらにネットワーク技術を融合させたソリューションの提供を通じて社会課題の解決に貢献しています。人々が笑顔になれる社会の実現を目指す企業として、大阪・関西万博の趣旨に賛同し、その開催、成功に向けて支援をさせていただくこととしました。
これからも、本万博への支援を継続するとともに、人々の安心・信頼・感動の価値を実現する「良い音体験」の提供を通じて、社会課題の特定、解決、改善を実現することで、持続可能な社会の形成に貢献してまいります。

以上

ページトップへ