AI街頭防犯カメラによる「繁華街通行人数カウント」の実証実験について

ニュースリリース

2021年12月22日会社

  • twitter
  • facebook

AI街頭防犯カメラによる「繁華街通行人数カウント」の実証実験について

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、2021年12月23日より、サンキタ通り三宮阪急前商店街振興組合様(所在地:神戸市)ご協力のもと、AI街頭防犯カメラを活用した「繁華街通行人数カウント」の実証実験を開始します。

■ 実証実験場所・期間

  • カメラ設置場所:サンキタ通り三宮阪急前商店街(神戸市中央区北長狭通1丁目)
  • 実施期間:令和3年12月23日から令和4年3月31日まで

カメラ設置場所

■ 実証実験概要

目的、および内容
街頭防犯カメラに撮影範囲の通過人数をカウントするAI機能を搭載し、繁華街歩行者の人数カウントを行います。本実証実験では、人数カウント結果に気象情報やイベントの開催情報を組み合わせることで、通行量の把握や予測、イベントの効果測定などに利用できるかを検証します。街中に防犯用途で設置されている街頭防犯カメラにて人数カウントができるようになることで、街全体の人の流れを把握することができるようになります。
今回の実証実験を通して、スマートシティや未来の街づくりに役立つデータ提供方法を検討していきます。

運用実施主体
・TOA株式会社

設置者、管理運用責任者および操作取扱者
・設置者:TOA株式会社
・管理運用責任者:兵庫 寿昭(TOA株式会社)
・操作取扱者:藤田 敏之(TOA株式会社)

個人情報の取扱いについて
本実証実験で撮影する映像には、カメラ内でモザイク処理を施すため、顔など個人を特定する情報は含まれません。また、人数カウントはAI機能を用いてカメラ内で実施し、人数情報のみを抽出するため、人物の風貌や特徴を示す内容など個人を特定できる情報は抽出いたしません。記録された画像データは、本実証実験終了後速やかに削除いたします。
ここで取り扱うデータは、自社内のみで利用し、他社、その他第三者へ提供することはございません。

■ お問い合わせ先

TOA株式会社 経営企画本部 広報室 玉井
TEL:078-303-5631(直通)
Mail:toapr@toa.co.jp

ページトップへ