『-fusion-XEBEC ArtWeek2021「芸術そして光」』開催のお知らせ

ニュースリリース

2021年 6月21日その他

  • twitter
  • facebook

『-fusion-XEBEC ArtWeek2021「芸術そして光」』開催のお知らせ

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)のグループ会社である株式会社ジーベック (本社:神戸市、社長:凍田裕一)は、7月14日(水)から18日(日)までの5日間「-fusion-XEBEC ArtWeek 2021 芸術そして光」を開催しますのでお知らせします。

-fusion-XEBEC ArtWeek2021「芸術そして光」公式ポスター

-fusion-XEBEC ArtWeek2021「芸術そして光」公式ポスター

fusionは、「見て、聞いて、参加して楽しむアート体験」をコンセプトとした株式会社ジーベック主催のアートイベントです。同社が運営するジーベックホール(※1)を拠点に、ゲストディレクターが中心となり多様な芸術が融合して生まれるアート体験をご提供します。

今回は、照明家の久松夕香氏(※2)をゲストディレクターに迎え、5日間にわたって音楽・舞踊・劇作品等と「光」のコラボレーション作品を展開。その様子は公式YouTubeにてライブ配信も予定しています。

コンテンポラリーダンス -光と身体

コンテンポラリーダンス -光と身体

影絵音楽劇 オフェリアと影の一座

影絵音楽劇 オフェリアと影の一座

当イベントの開催地である神戸は、開港以来、多様な文化の入口となりさまざまな価値観を受け入れ発展してきた歴史を持ちます。人々の価値観が大きく変動している今だからこそ、当イベントを基点に多種多様な表現の機会を創出し、TOAグループとして地元神戸の芸術・文化のさらなる醸成に寄与してまいります。

(※1)ジーベックホールとは
1981年に竣工した神戸ポートアイランド内の多目的ホール。収容人数は最大300名。音楽ライブ、講演会、展示会、映像配信スタジオなど幅広い用途で活用されている。

(※2)久松夕香/照明家
神戸市在住。2006年より舞台照明の業務に従事し、2017年独立。 演劇や舞踊の舞台を中心としながら、従来の枠にとらわれない表現や作品との関わりを拡げ、創作を行う。
2016年度日本照明家協会新人賞受賞
2021年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオランダ・NDTへ派遣予定

概要

名称 -fusion-XEBEC ArtWeek2021「芸術そして光」
開催期間 2021年7月14日(水)~18日(日)
主催・企画制作 株式会社ジーベック https://www.xebec.co.jp/
後援 神戸商工会議所、神戸新聞社、ラジオ関西、J:COM、
コムネット株式会社、TOA株式会社
ゲストディレクター 久松 夕香(照明家)
開催場所 ジーベックホール(兵庫県神戸市中央区港島中町7-2-1)
https://www.xebec.co.jp/access/
入場料 1,000円(中学生以下無料)
その他詳細 お申し込み・お問い合わせ、プログラム・YouTubeライブ配信の詳細につきましては下記特設サイトをご確認ください。
https://www.xebec.co.jp/artweek/

※本公演は新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じて開催いたします。みなさまのご理解・ご協力をお願い申し上げます。
※舞台上で開催される演目については、感染症対策のため予約優先制となります。事前のご予約をお願いいたします。

ページトップへ