第3回地方創生EXPOに、京セラコミュニケーションシステム株式会社と共同出展のご案内

ニュースリリース

2020年 1月15日展示会

  • twitter
  • facebook

第3回地方創生EXPOに、京セラコミュニケーションシステム株式会社と共同出展のご案内

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘、以下TOA)は、2月5日から3日間、幕張メッセにて開催される「第3回地方創生EXPO」に、京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市、社長:黒瀬 善仁、以下KCCS)と共同出展いたします。

今回、TOAが出展するのは、撮影機能と録画機能を一体化したオールインワンタイプのレコーダー。KCCSが展開するLPWA(※)ネットワーク「Sigfox」による通信機能を搭載し、インターネット経由で機器の状態を確認できます。また機器異常発生時にはメールで通知するなど、遠隔で機器の状況を見守ることが可能です。故障による録り逃しを防ぐことができるうえに、メンテナンスにかかる手間の削減も実現でき、人手不足に悩む地方の企業や団体をサポートします。

地方創生EXPOは、全国の自治体や法人・団体が抱えている地域課題を解決し、地方創生の推進を支える様々なサービス・ソリューションが出展されるイベントです。

ぜひKCCSブースへご来場ください。

LPWA(Low Power Wide Area):従来よりも電力消費量が低く、ひとつの基地局で比較的広い範囲(数キロメートル程度)での利用が可能な無線通信技術の総称

KCCSブースイメージ

図.KCCSブースイメージ

タウンレコーダー

写真.タウンレコーダー

第3回 地方創生EXPO

日時 2020年2月5日(水)~ 7日(金) 10時00分~18時00分(最終日17時00分まで)
場所 幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
https://www.sousei-expo.jp/ja-jp/about/access.html
ブース ICT 利活用推進ゾーン 小間No. 18-44
URL https://www.sousei-expo.jp/ja-jp.html
※上記WEBサイトより事前登録が可能です。
第3回地方創生EXPO

主な出展内容

ページトップへ