多言語放送とサイネージへの文字表示を同時に行う案内システム イオンモール2店舗に納入

ニュースリリース

2019年 9月30日その他

  • twitter
  • facebook

多言語放送とサイネージへの文字表示でお客さまをサポート
新しくオープンしたイオンモール2店舗に案内システムを納入

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、2019年9月14日にオープンしたイオン藤井寺ショッピングセンター(大阪府藤井寺市)、およびイオンモール高岡(富山県高岡市)において、多言語放送とデジタルサイネージへの文字表示による案内システムを納入しました。平時の案内放送から有事の緊急性の高い情報まで、より多くのお客さまに必要な情報をお届けします。

この度ご採用いただいたTOAのシステムは、施設スタッフがお客さまの呼び出しや案内の放送をする際に用います。顧客層の多様化を考慮し、タブレット端末のタッチ操作のみで日本語、英語、中国語の放送ができるうえに、施設内のデジタルサイネージに文字表示することも可能。聴覚情報と視覚情報を同時発信します。内容は実証実験を経て実際の運用者へのヒアリングを行い、必要な文例を検討。音声合成によるアナウンス音声は、聞く人に違和感を与えないように、速度やアクセントの調整が施されています。TOAの長年培った音の技術と最新のデジタルツールが、言語や障がいの壁を越えて、より多くのお客さまへ必要な情報をお届けします。

実証実験で用いられたタブレット端末の操作画面

実証実験で用いられたタブレット端末の操作画面

デジタルサイネージ表示例(赤点線囲み部分)

デジタルサイネージ表示例(赤点線囲み部分)

【システムの特徴】

汎用性高く、聞く人に違和感を与えない音声合成によるアナウンス放送
放送内容は、ベースとなる定型文に一部可変箇所が設けられており、例えば迷子の保護者呼び出しでは名前や年齢、服の色などの選択や打ち込み入力ができます。音声は聞く人に違和感を与えないように速度やアクセントを調整。従来のマイクによる肉声放送の代用が可能で、業務効率化が図れます。イオン藤井寺ショッピングセンターでは、インフォメーションカウンターの無人化を実現しました。

多言語放送システムによるインバウンド対策
可能な案内放送は58種。うち27種は英語・中国語での放送ができます。操作画面は日本語表記のため、スタッフの外国語習熟度に関係なく簡単に利用できます。

デジタルサイネージへの自動文字表示
放送の内容は、施設内のデジタルサイネージに自動で文字表示します。難聴の方にも、緊急性の高い情報をより迅速にお届けします。

■参考情報

【多言語放送(日英中:全27種)】

  • 案内放送:イベント情報、台風接近に伴う閉店時間案内など
  • 注意放送:雨天時の足元注意喚起、駐車場出庫時の混雑状況連絡など
  • 災害・緊急時放送:地震発生時の避難勧告、停電発生・復旧後の案内など
  • 大雨・冠水放送:平面駐車場冠水情報、冠水の恐れに伴う車両移動のお願いなど

【音声合成放送】

人間の音声を人工的に作り出す情報処理機能を活用した放送です。本システムでは、定型の文章に可変部を設けて、選択か打ち込み入力ができます。これにより、案内放送の迅速な発信を可能にし、かつ汎用性も高めています。

放送文確認部分(左写真オレンジ部分が可変部)

放送文確認部分(左写真オレンジ部分が可変部)

例1.同行者呼び出し放送

「( 地域 )からお越しの( 名前 )さま、お連れさまがお待ちでございます。
専門店( 数字 )階( 店舗名 )までお越しくださいませ。」

例2.車両ランプの点灯のための呼び出し放送

「( 場所 )にお停めのお車ナンバー( 地域・数字など )、
( 色・メーカー・車種名 )でお越しのお客さま。
ライトがついております。
恐れ入りますが至急、お車までお戻りくださいませ。」

例3.イベントの案内放送

「ご来店中のお客さまに催し物のご案内を申し上げます。
本日、( エリア区分・時間 )より、専門店( フロア階・場所 )におきまして
( イベント名 )を開催いたします。
皆さま、お誘いあわせの上 専門店( 数字 )階( 場所 )までお越しくださいませ。」

可変部があるメッセージは全21種、うち15種で打ち込み入力が可能。人名辞書の搭載により、放送を聞く人に与える違和感を少なくしています。

  • 呼び出し放送:迷子や保護者、同行者、車両持ち主の呼び出しなど
  • 案内放送:イベント情報、台風接近に伴う閉店時間案内など
  • 大雨・冠水放送:平面駐車場冠水情報、冠水の恐れに伴う車両移動のお願いなど

呼び出し放送では日本語のみの対応ですが、ほぼすべての可変部で打ち込み入力可能です。

※本サービスは、導入するに当たって株式会社音映システム様と協業しております。

ページトップへ