ハイウェイテクノフェア2019出展のご案内

ニュースリリース

2019年 9月26日展示会

  • twitter
  • facebook

ハイウェイテクノフェア2019出展のご案内

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、10月8日から2日間に東京ビッグサイト青海展示棟にて開催される「ハイウェイテクノフェア2019」に出展いたします。

公益財団法人 高速道路調査会が主催するハイウェイテクノフェアは、「高速道路の建設管理技術」に焦点をあてた展示会です。2004年の初開催以来、今年で16回目の開催となり、2010年から来場者が1万人を突破し、出展社も年々増加しています。
TOAブースでは、ネットワークカメラ「TRIFORAシリーズ」や、スマートIC※の映像を見ながら通話ができるモバイルタイプのインターホンシステムなどを出展。高速道路の安心・安全な利用を実現し、また、事業者にはスムーズで効率的な運営管理をサポートする音声と映像のソリューションをご紹介します。ブースにて皆さまのお越しをお待ちしております。

ハイウェイテクノフェア2019

日時 2019年10月8日(火)~9日(水) 10時00分~17時00分
場所 東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホール 
ブース A-14
URL http://htf.express-highway.or.jp/htf2019/info/
上記WEBサイトより事前申込が可能です。
ハイウェイテクノフェア2019

主な出展内容

  • ネットワークカメラ
  • スマートIC向け双方向インターホン
  • ポータブル屋外拡声スピーカーシステム
  • ※スマートIC(スマートインターチェンジ)は、政府主導で設置が広がっているETC専用のインターチェンジ(IC)です。スマートICは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップに設置おり、一般的なIC異なり係員がおらず通信装置が配備されています。

ページトップへ