アクセシビリティの祭典2019出展のご案内

ニュースリリース

2019年 5月14日展示会

  • twitter
  • facebook

アクセシビリティの祭典2019出展のご案内

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内一弘)は、5月16日に神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホールにて開催される「アクセシビリティの祭典2019」に出展いたします。

‟アクセシビリティ“とは、提供される情報やサービスを、心身の機能や利用する環境に関係なく、全ての人々が利用できることを意味する用語。その技術に触れて体感できるイベントが、アクセシビリティの祭典です。当日は、アクセシビリティを高めるための新技術の展示や、企業・団体によるウェブアクセシビリティに関するセッションが行われます。
TOAブースでは、視覚障がい者や聴覚障がい者、高齢者の方々への確実な情報伝達を目指した製品・サービスをご紹介します。視覚障がい者の方が使用する白杖をカメラ映像で検知し、音声案内する「白杖使用者向け音声誘導システム」を出展。また、音声放送に連動して、地図画面などの詳細情報をデジタルサイネージに表示し、聴覚情報と視覚情報の両方で案内する「音声連動サイネージシステム」などを出展いたします。
ブースにて皆さまのお越しをお待ちしております。

アクセシビリティの祭典2019

日時 2019年5月16日(木)13時00分~19時15分
場所 神戸大学先端融合研究環統合研究拠点 コンベンションホール
http://www.oair.kobe-u.ac.jp/ir/map-ja.html
URL https://accfes.com/2019/
上記WEBサイトより事前申込が可能です。

主な出展内容

  • 白杖使用者向け音声誘導システム
  • 音声連動サイネージシステム

ページトップへ