> > みるみる防犯【防犯カメラ】

みるみる防犯【防犯カメラ】

的確な防犯カメラ選びも安全対策の重要なポイントです。
ここでは住まいやコンビニ、スーパーなどに設置するポイントをご紹介します。

みるみる防犯 防犯カメラシステム みるみるタウントップ

住まいや店舗などを狙った侵入犯罪は年々増え続け、平成15年の侵入窃盗の発生件数は、実に約33万3,000件にも達し、平成5年の25万5,000件から比べて、この10年ほどで約3割も増加しています。犯行の手口も高度化・多様化する傾向にあり、侵入盗が、強盗などの凶悪犯に発展するケースも発生している昨今、「自分の住まいだから安心・安全」とは言いきれない時代になりつつあります。

このような状況をうけて、警察庁をはじめとする省庁と建物部品関連の民間団体との官民合同会議が、防犯性能の高い建物部品を認定し公表する動きや、広島、静岡、大阪、北海道の4道府県で防犯上優れたマンションを登録・認定する防犯モデルマンション登録制度が運用されるなど、官と民が協力しあいながら侵入犯罪に対して自主的な防犯を呼びかける新しい動きが、今高まってきています。

「官民合同会議」の取り組み 侵入犯罪を防ぐための基礎知識
「マンション防犯設計のポイント 駐車場における防犯対策・設計のポイント

 

◎的確なカメラ選びが防犯のカギ!
監視ポイントに合ったカメラを上手に選択することは防犯システムの効果を大きく左右します。
多種多様にカメラの種類がありますので用途に応じて的確なカメラ選びをしましょう。

《豊富なカメララインアップ》
豊富なカメララインアップ

《高感度アップ機能》

《ワイドダイナミック機能》

高感度アップ機能
↑画像にマウスを重ねて下さい

ワイドダイナミック機能
↑画像にマウスを重ねて下さ


◎広い店舗も、カメラの視角で死角なし!
単に監視カメラを設置したというだけでは防犯効果は期待できません。
カメラの映像はお店の隅々まで行き届いていますか?
まずは死角を少しでも減らすことが安心・安全への近道なのです。

設置例

 

TOAの防犯プラス1提案

ページの先頭に戻る