トップインタビュー

リード

ソリューション型ビジネスを進め、
「安心」「信頼」「感動」の価値を社会に提供

代表取締役社長 竹内 一弘

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

TOAは、企業価値である「Smiles for the Public -人々が笑顔になれる社会をつくる-」を実現するため、「音の報せる力」で安心・信頼・感動の価値を社会に提供していきます。

この度、さらなる成長と持続的な企業価値の向上を目指し、2019年3月期を初年度とし、2021年3月期を最終年度とする「中期経営基本計画」を発表しました。当社が社会へ提供する価値をより明確に表現するため、事業領域を「Public Safety」「Public Communication」「Public Space Design」へと変更しました。この3つの事業領域において「ソリューション型ビジネス」を加速させ、お客さまに認めていただける新しい価値を創造します。そして、お客さまに価値を提供し続けるビジネスにより、ビジネスサイクルを早め、より収益を上げていくビジネススタイルへと変えていきます。

ページトップへ