トップインタビュー

リード

音の専門メーカーとして社会になくてはならない存在に

代表取締役社長 竹内 一弘
代表取締役社長 竹内 一弘

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

「中期経営基本計画」の最終年度に当たる2021年3月期の業績は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による経済停滞の影響を受けた結果、減収減益となりました。

当社を取り巻く外部環境はここ数年の間にも目まぐるしく変化を遂げています。そこで、より長期的な視点で社会の変化に柔軟に対応していくため「経営ビジョン2030」を策定し、「Dr. Sound -社会の音を良くするプロフェッショナル集団-になる」を掲げました。専門的な知識、知見をさらに磨き、社会のお困りごとの解決を図りながら、音の専門メーカーとしての先導役を担っていきます。

ページトップへ