TOA株式会社 Smiles for the Public
  • twitter
  • Facebook
TOA Music Workshop
商品データ
ダウンロード
商品の写真、仕様図、姿図、取扱説明書、ソフトウェアのダウンロードが出来ます。
電子カタログ
全商品電子カタログ
セキュリティシステム総合カタログ
商品別カタログなどを
ダウンロードできます
カタログデータダウンロード

ソリューション・納入事例

ソリューション・納入事例 印刷用ページ

特集 TOA Music Workshop

子どもたちの感性を刺激し、創造力や表現力の扉を開く90分間。

TOA Meet! Music! Concept

子どもたちの成長の過程には、それぞれの世代に、それぞれのカタチで音楽との出会いがあります。TOAでは、子どもたちの成長にあわせた4つの音楽プログラムと、1つの調査プログラムを展開しています。
今回は4つのプログラムのうち、小中学生を対象とした「TOA Music Workshop」についてご紹介いたします。
本プログラムでは音楽との最初の出会い、仲間とともに音楽に参加する喜びや楽しさを伝えています。

TOA Meet! Music! Concept

TOA Meet! Music! Concept

TOA Music Workshopとは?

プロのアーティストと一緒に、思いっきり音楽とダンスを楽しむプログラム。学校の施設内で、学年全員で体験するパッケージ型ワークショップです。初めて出会うアーティスト、初めて見る楽器とダンスにワクワクし、気づけば夢中でカラダを動かす90分。心をひらいて、全身で弾めば、これまで気づかなかった新しい自分にきっと出会えるはず。それは自分にとっても、友達にとっても、新鮮な驚きを得られる体験になることでしょう。

※本プログラムは、子どもと芸術に関する活動を専門とするNPO法人子どもとアーティストの出会いとの協働事業です。

TOA Music Workshopとは?

子どもの感想

教員の声

その日、子どもたちの表情はきらきらと輝いていました。
それには、3つの理由があるようです。「友達の笑顔」「友達との一体感」そして「新しい自分の発見」。多忙な生活や友達関係、緊張やストレスの多い今の子どもたちにとって、音とリズムに身をゆだね、心と体を解放する経験は驚きと心地よさに満ちたものだったようです。

(2010年度参加校 八幡市立美濃山小学校教諭 藤原由香里)

ワークショップの内容

ワークショップには、子どもたちを夢中にさせるさまざまな工夫がちりばめられています。例えば「オープニング」。音響・照明で演出された体育館、打楽器がビートを刻む中、躍動するダンサーのシルエットが一瞬で子どもたちを非日常へ誘います。また、カラダをほぐすのは「マネダンス」。ダンサーの動きを全員で真似、いろんなポーズを楽しみます。静と動、音楽とダンスを織り交ぜながらワークショップは進行し、フィナーレは全員一緒にハジける「クライマックス」。子どもたちの思い思いのパフォーマンスが、会場狭しと躍動します。

※プログラム詳細は実施年度によって変更されることがあります。

TOA Music Workshopとは?

ワークショップの効果

子どもたちの意識変化

ワークショップ体験後、子どもたちの心に変化が表れています。
子どもたちの意識変化

体験児童84人を対象とした自社調査より抜粋

子どもたちの自己表現意欲が向上

体験の前後でアンケート調査したところ、「自分を表現することが好きだ」に当てはまる・少し当てはまると回答した子どもたちが、体験後に約13p増加。また、友達に対する苦手意識にも変化が見られました。

子どもたちは友達とカラダに注目

体験後の感想文を調べた結果、「楽しい」「できる」などのプラスイメージの言葉を、子どもたちは多く使っていました。
また「みんな」「友達」などの仲間を意識した言葉、「おどる」「ダンス」など自分のカラダに注目した言葉が目立ちました。

保護者の意識

保護者は子どもたちに何を学び、どのような力を養って欲しいと考えているのでしょうか。
子どもたちに養って欲しい力は
「心の豊かさ」

子どもたちが生きていく上で最も必要だと保護者が考えているのは「心の豊かさ」と「コミュニケーション力」。
「心の持ち方」を重視する保護者の心情が伺えます。

「心の豊かさ」を音楽に期待

保護者が子どもたちに最も養ってほしいと考える「心の豊かさ」。それを育む教科として、約4割の保護者が音楽に着目しています。また、「コミュニケーション力」を育てる科目として、国語・外国語に続いて、音楽が3位となりました。

「TOA 音楽と教育の意識調査2010」より抜粋

保護者の意識
お問い合わせはこちら
ページの先頭に戻る