TOA株式会社 Smiles for the Public
  • twitter
  • Facebook
倉敷市緊急情報提供システム(IPv6方式)
商品データ
ダウンロード
商品の写真、仕様図、姿図、取扱説明書、ソフトウェアのダウンロードが出来ます。
電子カタログ
全商品電子カタログ
セキュリティシステム総合カタログ
商品別カタログなどを
ダウンロードできます
カタログデータダウンロード

ソリューション・納入事例

ソリューション・納入事例 印刷用ページ

特集 倉敷市緊急情報提供システム(IPv6方式)

既設の有線ネットワークを活用した先進の緊急情報提供システム。

既設の光ファイバー網を活用し、有線ネットワークと無線LANを併用した新しい緊急情報提供システム。断線や停電などの有線のデメリットをカバーする独自の発想と工夫。さらに、従来の防災行政無線では、音声を一方的に伝えるだけであったのに対し、映像や双方向といったデジタルのメリットを活用することでリアルタイムでの災害対処を可能にするなど、緊急事態になったときに、確実かつ迅速に対応できることを目指した先進のシステムです。

 

採用決定ストーリーを読む

納入時期
平成19年10月より整備開始し、一部稼働中(平成23年3月完成予定)
納入先
倉敷市 様
納入背景
台風16号、18号、23号(平成16年)発生時、災害情報がきちんと市民へ伝わらなかった。
課題
  1. 1.全市民に確実に緊急情報を伝えたい
  2. 2.避難所や現場の状況を迅速に把握し、適切な処置を行えるようにしたい
  3. 3.コストパフォーマンス
  1. 有線ネットワーク切断時対策と、コミュニティFM局とのタイアップ
  2. IPv6ネットワーク(映像、双方向性)の活用
  3. 既設の光ファイバー網の活用
  4. ネットワーク音声伝送システム(IP告知放送システム)の採用

リアルタイムで現場を把握し、双方向で情報を伝達。

被害を最小限に抑える!

導入システム・機器

緊急情報提供システム(IPv6方式)

倉敷市 緊急情報提供システムの概要
既設の光ファイバー網(かわせみネット)と無線LANのハイブリッド方式。その光ファイバー網で指令送信拠点9カ所(本庁・支所・消防局)、 各種機関を結び、光ファイバー網に接続していない拠点へは無線LANを用い、TOAのIP告知放送システムで音声データを伝送して放送します。 同報スピーカーが設置されている拡声拠点(公共施設や拡声塔)は約350カ所になる予定です。核となる本庁と各支所は、二重環状でつながっており、1カ所が切断しても通信網は確保。 無線LANにおいては通信ルートに障害が発生した場合、通信可能な他のルートがあれば自動的にそちらへルートを切り替えて通信を継続することが可能。移動系端末としてIP携帯電話を活用できます。民間の緊急告知FMラジオも連動しており、本庁放送装置では全国瞬時警報システム(J-ALERT)にも対応しています。

クリックするとシステム概要図が拡大します。

Point

お客様が語る「採用のポイント」
  • 音声を一方的に送るだけではなく、映像を見ながら双方向で状況を伝え合うことができる
  • 既設のネットワークを使えるため、コストと機能のバランスがうまく取れていた
  • 阪神・淡路大震災の例で、光ファイバー網の安定性は実証されていた
お問い合わせはこちら
ページの先頭に戻る