TOA株式会社 Smiles for the Public
  • twitter
  • Facebook
研究開発

研究開発

音と映像の新たな可能性に挑戦するTOA

音響センター/無響室

私たちはアンプやスピーカーなどの機器だけでなく、それらが生み出す「音」そのものがTOAの商品と考えています。

そのため、研究開発の要である「音響センター」に、最大級の容積をもつ「無響室」を設置。さまざまな実験・トレーニングを通して、次世代の音の可能性を追求しています。

【新時代に求められる音環境・ネットワーク時代のセキュリティ 】

ネットワーク機器

ネットワークセキュリティシステム

また、新しい時代を迎え、求められる音環境も変化しています。
TOAはこれまで培った音づくりのメーカーとしてのさらなる進化を目指すと同時に、映像分野にも積極的に進出。音と映像のシームレスな事業展開で、オリジナリティに満ちた新しい価値を生み出しています。

例えば、音による「避難誘導」と、映像による「現場確認」を両立させた<高度避難誘導CCTVシステム>では、リアルタイムな現場確認と、迅速・確実な避難誘導の両立をご提案しています。

さらに、ネットワーク技術も積極的に開発を進め、ネットワーク上で映像を送受信する「映像ネットワークシステム」や、CD並の高品位な音声をリアルタイムに送受信できるシステム「パケットオーディオ」などを開発し、注目を集めています。

 

※この商品についての詳細はこちらもご覧ください。
映像ネットワークシステム「NetCanSee」
ネットワークPAシステム 「Packet Audio」

【「音を消す」という音づくり
アクティブ消音の原理<アクティブ消音システム>も、快適を追及するTOAの新しい価値創造の一例です。世界ではじめてエンジン排気消音の実用化にも成功。産業騒音の改善に役立てています。
アクティブ消音システムサイト
アクティブ消音システム
http://www.toa.co.jp/anc/
ページの先頭に戻る