PDFダウンロードはこちら

「赤外線ワイヤレスシステム」について

個人情報保護法の施行などにより、
音響機器でも盗聴などを防ぐといった配慮が求められています。
そこで今回はセキュリティ対策などで注目を集めている
「赤外線ワイヤレスシステム」について分かりやすく説明します。

赤外線ってなに?

目に見えない、人体に悪影響のない光のことです。
光は目に見える「紫、藍、青、緑、黄、橙、赤」の7色以外にも、目に見えない光が存在します。
その一つが「赤外線」で、赤色の光よりも波長(※)が長く、赤の外側にあるので「赤外線」と呼んでいます。
なお、紫色の光よりも波長が短く、紫の外側にある光は「紫外線」と呼びます。
紫外線は日焼けなどの原因となりますが、赤外線は人体に悪影響を与えません。

波長の長さによる光の性質の違い

(※)波長・・・空間を伝わる波(波動)の持つ周期的な長さのこと。

赤外線を利用したワイヤレスマイクの長所とは?

赤外線の「光」は壁などを透過しないため(※)、「秘匿性に優れる」「混信が発生しない」「通信安定性が高い」
という3つのメリットがあります!(※)ガラス窓など光を通す部分は透過します。

秘匿性に優れ、セキュリティ対策に配慮
電波のように遮へい物を透過しないので、外部からの無線傍受による盗聴を防ぎ、
秘匿性に優れています。そのため第三者に情報が漏れにくく、セキュリティ対策に配慮しています。
混信を防ぎ、隣の部屋でも同時使用が可能
隣接する部屋で同時に同じチャンネルを使用しても混信が起こらず、
チャンネルの設定変更をする手間が省けます。
高い通信安定性を実現
電波が混信しやすい都市部などにおいても外部からの影響を受けにくく、
安定した通信状態を実現します。

赤外線ワイヤレスシステムはどこで使うのに適しているの?

隣接した会議室や教室などにおススメです。

会議室 - 『情報を漏らさない!!』

情報セキュリティに優れ、
安心してお使いいただけます。

教室 - 『混信が発生しない!!』

隣接した教室で同時に使用しても、混信が発生せず
安心してお使いいただけます。

ページの先頭に戻る