音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ

ニュースリリース

2015年 4月 1日その他

  • twitter
  • facebook

音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:井谷憲次)は、企業メセナ活動*注の一環として小学生を対象とした無料音楽ワークショップ「TOA Music Workshop 2015」の参加校を公募いたしますので、お知らせします。

TOAでは、音と映像の専門メーカーとして培ってきた技術や自社資源を活用した企業メセナ活動を展開しています。自主企画として、「音楽と教育」をテーマとした4つの音楽プログラムと、1つの調査プログラム「TOA Meet! Music! Concept」を実施。この度、4つの音楽プログラムの一つである小学生向け無料音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」について、参加校を募集いたします。

*TOA Meet! Music! Concept につきましては、以下のサイトをご参照ください。 TOA Meet! Music! Concept banner


【募集ワークショップ概要】

TOA Music Workshopは、体育館などの学校施設にプロのアーティストを派遣して行う、音楽とダンスのワークショップ。ダンサーのリードのもと、アーティストによるリズミカルで、迫力ある音楽にのって、思いっきりカラダを動かす体験型プログラムです。開催時間は約90分、最大約200名でご参加いただけます。本ワークショップは、2005年度より毎年実施し、これまでに72回、約8,000名の児童・生徒が体験しています。


【プログラム内容】

TOA Music Workshopでは、対象学年、使用楽器の種類により、2つのコンテンツをご用意しています。どちらのコンテンツに参加いただくかは、学年および実施日程を考慮の上で、当社にて決定させていただきます。


TOA Music Workshop ―ANIMAL CONCERTO(アニマル コンチェルト)―

ANIMAL CONCERTO アフリカの打楽器とコンテンポラリーダンスのコラボレーション。マリンバをメインに、ジャンベなどのアフリカの楽器も登場します。3人の音楽家と2人のダンサーが、子どもたちと一緒に、動物をテーマにしたダンスと、ボディーパーカッションなどの音楽の世界を展開。楽しい音楽にあわせ、ゾウや小鳥になって思い切り踊りましょう。
 **参加アーティスト**
 Anima#Rhythm(打楽器ユニット)
 MERI★MIKO(コンテンポラリーダンサー)


TOA Music Workshop ―STEP TO BEAT!(ステップ トゥ ビート)―

STEP TO BEAT! 韓国伝統打楽器とコンテンポラリーダンスのコラボレーション。4人の音楽家と2人のダンサーが躍動感と迫力満点のパフォーマンスを展開します。音楽のビートを感じながら、思い切り体を動かしましょう。クライマックスでは、音楽家とダンサー、子どもたち全員で会場いっぱいを走り回ります。
 **参加アーティスト**
 Shifa(韓国伝統打楽器ユニット)
 セレノグラフィカ(コンテンポラリーダンサー)



プログラム詳細につきましては、特設サイトをご参照下さい。
TOA Music Workshop


【募集概要】

対象地域: 全国
対象学年: 小学校1年生~小学校6年生
 ※お申し込みは、学校・学年単位となります。
参加人数: 数十名から200名程度
実施時間: 約90分間
会場: 参加校校内施設
実施期間: 2015年9月~2016年1月
参加費用: 無料
主催: TOA株式会社
企画制作: 株式会社ジーベック、NPO法人子どもとアーティストの出会い

<お申し込み>
下記リンクより応募用紙をダウンロードいただき、必要事項を明記の上、郵送・FAXまたはe-mailにてお申込みください。申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
申込締切 :2015年5月14日(木)
http://www.toa.co.jp/mecenat/tmw/information/


<お問い合わせ先>
株式会社ジーベック
住所:〒650-0046 神戸市中央区港島中町7-2-1
TEL:078-303-5600 FAX:078-303-4632
e-mail:tmw@xebec.co.jp
担当者:多田、岡部

注 企業メセナ活動:「メセナ[mecenat]」は、芸術文化支援を意味するフランス語。企業メセナとは、販売促進目的ではなく企業が社会貢献の一環として行う芸術文化支援を指す。近年は広義に解釈され、教育や環境、福祉なども含めた「企業の行う社会貢献活動の総称」ともされている。

 

ページトップへ