> > 暗いところでもはっきり見える、高感度蓄積機能

PDFダウンロードはこちら

暗い場所でもはっきり見える、高感度蓄積機能

 

人の気配が少なくなる夜は、防犯カメラの活躍する時間帯です。しかし外は暗く、映し出された映像は、そのままでは真っ暗で何も見えません。そんな時、高感度蓄積機能の付いているカメラであれば大丈夫。シャッタースピードを遅くして光量を調節し、見やすい画像を実現します。では、高感度蓄積機能とは、どういったものでしょうか。

 

高感度蓄積機能とは
防犯カメラは、昼夜問わず同じ場所に設置されることが多く、日没以降の暗くなる時間帯が監視のポイントになってきます。

高感度蓄積機能を使用すると自動的にシャッタースピードを調整することができ、暗い夜の映像も監視することが可能になります。

 

高感度白黒モード

 

ページの先頭に戻る