IRポリシー

1. IRの基本方針と姿勢について

TOA株式会社(以下当社という)は、株主、投資家の皆様をはじめ、社会に対し、当社経営、事業活動への正しい理解と信頼が得られるよう、業績、財務状況、将来ビジョンについて、公平、迅速かつ解りやすい情報開示に努めます。

2. 情報開示の基準について

当社は、金融商品取引法ならびに上場している証券取引所の定める適時開示規則に従い情報開示を行います。 また適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主や投資家の皆様に当社に対する理解を深めていただくために必要と判断した情報に関しましては、積極的、公平かつ迅速な開示に努めます。

3. 情報開示方法について

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所が提供する適時開示システム(TDnet)ならびにプレスリリース等で行うとともに、当社ホームページに情報を開示いたします。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、プレスリリース等や当社ホームページに開示いたします。 当社の開示情報の確認をされたい場合には、当社ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせてご参照ください。

4. 将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、発表時点での情報に基づく予測であり、経済情勢等の変化によって大きく異なる結果となる場合があります。 当社としましては、将来見通しの精度を高めるための努力をするとともに、見通しの変化が生じる場合には適宜開示いたします。

5. IR自粛期間について

当社は、決算関連情報がその発表前に漏れることを防ぎ公平性を確保するために、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までをIR自粛期間とさせていただきます。 この期間中は、業績見通し(決算)に関するご質問への回答やコメントを控えさせていただきます。 ただし、自粛期間中であっても、公表している業績予測を大きく外れる見込みが出てきた場合は、適宜情報開示を行います。

当社ホームページは投資勧誘を目的にしたものではありません。 投資に関する決定は、利用者ご自身の判断においておこなわれるようお願いいたします。

当情報の正確さや掲載内容につきましては細心の注意を払っておりますが、なんらそれらの正確性を保証し、または責任を負うものではありませんのでご了承ください。

ページトップへ