トップインタビュー(4/6)海外展開の方向性

トップインタビュー(4/6)

海外展開の方向性

―海外事業が売上の4割弱を占めています。「世界に5つのTOA」をより進化させるため、今後各地をどのように伸ばしていきますか。

「世界に5つのTOA」が目指すところは、市場を「日本」「アメリカ」「欧州・中東・アフリカ」「アジア・パシフィック」「中国・東アジア」の5地域に分け、徹底した地域戦略で市場を開拓していくことです。

先にも言及したように、現場に足を運び、お客さまや市場の声に耳を傾け、何が求められているかを想像する洞察力を持つことは、グローバルのマーケットにおいても同様に重要なことです。現地のニーズに合った商品開発を行って市場に送り出すとともに、高度な技術開発については日本の本社でプラットフォームをつくり、現地でアレンジして商品化できるようにしています。

今後は、海外の4つのTOAそれぞれで、どのような強みをアピールし、伸ばしていくかを戦略的に考え、グループ一体となって成長していく体制を整えていきたいと考えています。

また、海外では特定の国を除き、まだまだ日本に比べて知名度が低いのが現状です。イメージキャラクターを使った「Dr. Sound」のプロモーションにより、TOAブランドの浸透を図るとともに、こうすればもっといい音になりますよ、というコンサルティングができる専門家のイメージを打ち出して効果を上げていこうと考えています。

Dr. Sound

ページトップへ