トップインタビュー

社長就任にあたって
代表取締役社長 竹内一弘

代表取締役社長 竹内 一弘

2017年6月22日付で代表取締役社長を拝命いたしました、竹内一弘です。
TOAは1934年の創業以来、「機器ではなく音を買っていただく」という企業哲学のもと、音と映像の専門メーカーとして歩んできました。その歴史の重みをあらためて感じるとともに、TOAグループをさらなる成長に導く負託に応える覚悟を持って、力を尽くす所存でございます。

私は1981年の入社以来、営業畑を中心に歩み、海外の販売子会社社長や取締役営業本部長、開発本部長などをつとめてまいりました。その中でお客さまへ常に寄り添い、本当に求められているものをご提供することを第一としてきました。

TOAが80年を超える歴史の中で培ってきた強みは、音と映像の専門メーカーとして積み重ねてきた技術力にもとづく商品づくりとともに、人々の安全・安心を願い続けてきたことです。今後も社会に必要とされる企業であり続けるため、いま求められているのは成長のスピードを加速させていくことであり、私に課せられた使命だと考えております。

世の中にイノベーションを起こす創造性のある商品をつくりだし、迅速に市場に送り出すには、顧客や市場の声に耳を傾けることが大切です。当然、グローバルのマーケットでも同様です。私は、TOAグループの従業員には、さらなる主体性、行動力、洞察力を望みます。そして自由に意見をたたかわせながら、一丸となって、ものづくりを進めてまいります。

これからも「人々の社会生活にかけがえのない価値を提供する強い会社」として、さらに強いブランド力を持った会社に育てていくため、全力で社長の任を担ってまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

役員紹介

ページトップへ