TOAのビジネス

いま、“音”と“映像”のソリューション創造企業へ

“音” “映像” “ネットワーク”――。TOAのビジネスを形作っているのは、この3つのファクターです。

 TOAは1934年の創業以来、一貫して業務用・プロ用の音響設備を造り続けてきました。さらに80年代からは、音響ビジネスで培った技術を活かし、防犯カメラなどのセキュリティ機器にも進出。“音”と“映像”の双方を手掛ける専門メーカーへと進化を遂げました。

 そして、デジタル全盛時代を迎えた現在。デジタル化とネットワーク化は、“音”と“映像”のビジネスに新たな可能性をもたらしつつあります。“音”と“映像”が織り成すソリューションを創造し、個々の機器だけでは実現できない新たな価値をお届けする企業――。それが、TOAが目指す新たな姿です。

“音”“映像”“ネットワーク” ネットワーク技術 音響ビジネス セキュリティビジネス

TOAのシンボルマーク

TOAのシンボルマーク

 TOAの“T”の文字をモチーフに、4つの企業イメージ目標であるPROGRESSIVE(先進性)、MODERN(現代性)、INTERNATIONAL(国際性)、DYNAMIC(躍動性)を表現しています。

TOAのビジネス

ページトップへ