財務・業績データ(連結)

主要連結財務指標

決算のポイント

  • 日本は減少したもののアメリカ、中国・東アジアなどが伸長、売上高は前期比1.5%増
  • 海外売上高比率は38%まで伸長
  • 原価率の上昇や販管費の増加などにより、営業利益は前期比14.2%減

主要連結財務指標(Excel:18.4KB)

売上高

売上高

グラフ

2015年3月期比で1.5%増加しました。セグメント別では、アメリカ地域はBGM市場向け卓上アンプなどが好調で13.6%増となったほか、インドネシア、ベトナム向けが好調だったアジア・パシフィックが10.3%増、中国・東アジア地域も19.3%増となりました。一方、構成比の高い日本地域が2.0%減、欧州・中東・アフリカ地域が2.2%減となりました。

第2四半期売上高推移

クリックすると四半期のグラフがご覧いただけます。

第2四半期売上高推移

報告セグメント別売上高

(単位 百万円)
20123月期 20133月期 20143月期 20153月期 20163月期
日本 24,736 25,713 28,499 28,992 28,399
アメリカ 1,932 2,134 2,725 3,470 3,941
欧州・ロシア 3,826 3,935 4,377 5,224 5,109
アジア・パシフィック 3,372 3,916 5,155 5,726 6,316
中国・東アジア 2,088 1,317 1,653 1,738 2,073
報告セグメント別売上高 報告セグメント別売上高

第2四半期報告セグメント別売上高推移

(単位 百万円)
  20133月期 20143月期 20153月期 20163月期 20173月期
日本 10,945 11,892 11,985 12,442 11,725
アメリカ 1,003 1,145 1,160 2,000 1,605
欧州・中東・アフリカ 1,833 2,065 2,423 2,561 2,247
アジア・パシフィック 1,862 2,544 2,606 3,051 3,086
中国・東アジア 678 711 754 953 767
第2四半期報告セグメント別売上高推移

利益

営業利益

グラフ

売上高営業利益率

グラフ

原価率の上昇や販売費及び一般管理費の増加などにより営業利益は2015年3月期比で14.2%減となりました。このため売上高営業利益率も同1.5ポイント低下し、7.9%となりました。

第2四半期営業利益推移

グラフ

親会社株主に帰属する当期純利益

グラフ

売上高当期純利益率

グラフ

親会社に帰属する当期純利益は、2015年3月期比で29.0%減少しました。売上高当期純利益率は同1.9ポイント低下し、4.6%となりました。

親会社株主に帰属する第2四半期純利益推移

グラフ

資産

総資産

グラフ

売上債権の減少、たな卸資産の減少などにより、2015年3月期比で2.8%減少しました。

1株当たり指標

1株当たり当期純利益

グラフ

親会社株主に帰属する当期純利益の減少に伴い、2015年3月期比で25.2円減となりました。

1株当たり純資産

グラフ

親会社株主に帰属する当期純利益の計上で利益剰余金が増加したことなどにより、2015年3月期比で4.56円増加しました。

ページトップへ